FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の暴落と、リバウンド

  
業界全体の不況ではなく、一時的な暴落の際に強いコインのデータです。
今回は、5/4アメリカ雇用統計ショックから、5/11韓国取引所の摘発NEWSで全体が暴落した8日間のデータです。
 
暴落に強いコイン
1…上昇 全体暴落の最中なのに上昇。
NULS、SNM、ZRX
2…横々 全体暴落でも横に移動。
VEN、
3…不変 普段と何ら変わらずマイペース。
ETH、BNB、ENG、BLZ、AE、IOST、ZIL、ONT、POA、EOS、
4…軽症 何とか維持。
GXS、OMG、LINK、NCASH、DNT、FUEL
5…重症 かなり重症。大流血して大幅に下落。
ARN、LOOM、BAT、XLM、BTS、STEEM、TRX、TRIG、
ELF、IOTA、WAVES、XEM、XRP、HSR、YOYO、MTH、
CMT、ADA、XMR、STORM、AST、POE、OST、INS、LEND
 
突然のニュースによる一時的な急落なら迅速な対応は不可能です。
普段どれに乗ってるかが影響の大きさを決めます。
その反面、急落は大きなチャンスでもあります。
じつは、このページで一番大切なのは5番の重症コインです。
大流血して大幅に下落したなら、戻しは全コインの中で一番強い証明です。
安定コインは復帰した後も同じペースのままですが、重症コインは落差が大きい分だけ大きく戻します。
またそれは元の決まった位置に戻すことが約束されているから、売り時も読みやすくて便利です。


一番重要なポイント!!
業界No,1のジャンパーであるZILにしろONTにしろ今回は高いのか低いのか保証がありません。
ところが重症コインなら、元のゴールの位置が決まっているので必ず高く飛ぶ保証付きです。
重症コインは、今回に限ってはZILやONTよりも高く飛ぶのです。


まとめ!
突然の暴落なら対処法は存在しない。
暴落の最中でなく暴落が明けた時に、最も重症だったコインを見つけることが稼ぐコツです。
 
 
スポンサーサイト

コメント

No title

ツイッターがメインで、ブログは放置してます。
コメントはご遠慮下さい。
FC2はコメント禁止の設定が出来ないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。